山手西洋館の絵本イベント*2017年7月

突然ですが、横浜元町にある山手西洋館が大好きですっっ

夏にお友達とお散歩してきたので、写真をたーくさん撮ってきました!

もう3カ月も経っちゃったのかぁ・・。

館それぞれの特徴や説明も記事にしたいですが、それはまた別の機械に。

今回は、絵本をイメージした装飾が施されていたのでとーってもかわいくて、写真いっぱい撮っちゃいました!(いやいつもなんですけど)

ブラフ18番館

館に入ってすぐの部屋は、リカちゃんとコラボレーションした展示でした。

「ユキコ・キミジマ」の君島由紀子さんプロデュースみたいです。

美しいドレスも展示されていました。

ピンクで統一されたテーブルコーディネートがかわいらしい!

背の高いフラワーアレンジメントがかっこいいですね。

白とピンクで爽やかなかわいらしいセッティング。

真上から見るのも横から見るのも好き♥

一番下にしいてるプレート、レースみたいに透けててかわいい!!

ティーカップもありました。

テーブルコーディネートも君島さんのコレクションと関係あるのかしら??

椅子もピンクに飾り付けられていました。

よく見ると、ピンクの布を背もたれにかけてリボンしただけ!アイディアーっ

ピンクのお部屋はこれでおしまい。

女の子らしくてかわいいお部屋でしたーっ

ダイニングはシックなコーディネートです。

あ、ピンクのティーセットと色違いのデザインですね!当日は気づかなかったーー

サンルームから明るくてやわらかい光が差し込んできます。

このお部屋大好き!明るい緑がとってもきれい。

季節ごとに机のお花が変わりますが、いつも素敵な主役です。

サンルームのベンチと机もライトグリーン♥

廊下にも休憩スペースが。かーわいー。

ゆとりのある生活素晴らしい・・きっと住んだら物であふれるんだろうけど・・ここに住めばきっときれいにするから住ませてください。(人は急には変われません)

階段を登って2階にいってみましょー!

手すりの外側にちいさいお花が飾られてるの愛らしすぎる。。!

ベッドルームは茶色と白と緑なお部屋。(色で表すのが好きです)

サイドテーブルに天使が座っていました。

見学していたおじさま方が、下から撮ると幼い表情になってかわいいと教えてくださいました。

異人館では、あたたかい交流によく出会えます。そんなところも好き。

くつろげそうな椅子もあります。

クッションがかーわいー!カーテンとおそろい。

照明もかわいらしいです。こういう照明にしたいなぁ。

外交官の家

夢に出てきそうな憧れのおうち♥

ダイニングは星の王子様のコーディネートでした。

濃い青に金色が輝いててかーわいーー!

どうしても横からも眺めてしまう・・。ずっと眺めていたい。

ワインまで用意されていました。大人なコーディネートですね!

濃い青に濃い赤がとってもきれいに映える!

コントラスト強いのに美しいってすごいセンスですよねぇ。

マントルピースにも星の王子様のコップが。

挿絵のイラストがかわいい。

サンルームには星の王子様の絵本がありました。

みんなで日向ぼっこしながら読書タイム♪こんな日常過ごしたいー!!

ディズニーイメージのコーディネートもありました。

こちらはシンデレラ。

白と薄い青がとてもきれい。スタンドの上でシンデレラが美しく舞っていますね。

ガラスの靴と馬車もありました。きれーい!

こちらは美女と野獣のコーディネート。

ベルと野獣が踊ってますね。黄色と紺と赤。こちらもコントラストくっきり。

ちょっと引き目で部屋全体を。

ずっしりとしたカーテンにもあこがれちゃうなぁー。

2階にうつってみましょう。

書斎に続く壁はアーチ型にくりぬかれていてかわいーいっ

こんな素敵な書斎なら何時間でも仕事していたい・・!

ここで働いていいですか先輩・・!

本棚もアンティーク感満載。

古い本がたくさん詰まっています。

ね、このカーテンのずっしり感!これもダマスク柄って呼んでいいのかなぁ?

額縁と合わさってとっても素敵!深い色合いが好きだなぁ。

はい、ここが噂の私の部屋です。(違います)

いつ訪れてもにっこりしちゃう。

ここが私の寝室です。(その通りです)

8角形のお部屋にロッキングチェア、ピンクと茶色で囲まれているー!

猫足のバスタブもついてますよ。たまらーんっ

ピンクと金色のベッドってすごいですよねぇ。

外国の方にはちっちゃい気がするけど寝れたのかしら。

この照明かわいすぎる・・♥

お庭にはバラが咲き乱れています。ぽわぽわかわいーいっ

建物だけでなく、木々やお庭もあわさって、本当におとぎ話みたい。

ベーリック・ホール

異人館の中でもだいっすきなベーリックホール!

横長に大きい異人館です。

こちらはしらゆきひめのイメージでした。植物がたーくさん!

木の枝とお花の隙間からりんごがちらり。

小人さんもたくさんいました。

この子はおこりんぼかな?わかんないっ笑

食卓に大胆に植物が飾られていて、迫力ありました。

マントルピースの上も白雪姫イメージ。

鏡よ鏡ーふふふふふ。

飾りがたくさんあったので、いっぱい載せます!

つたない私の説明なんていらないでしょうが何か挟まないと気が済まない性分・・。

ちゃんと性癖写真もおさめてきました。見上げるとアイアンの照明が。

スタンドライトもアイアン。アイボリーのカーテンとよく合って素敵ですね。

それでは2階へ!窓からの光でアレンジがよく映えています。

ところどころに花がある生活、してみたいー!自分じゃできないー!!

子供部屋は広々していて、かわいく飾り付けられています。

全面水色で最高!こういう大胆なインテリアにしてみたいなぁ。

なんで日本って白い壁紙がデフォルトなんですか・・!

おもちゃや本がたーくさん。

かわいらしい男の子が生活しているのが目に浮かんできますねー。

子供に遊ばせるにはもったいないようなアンティークな車。

機関車とうさぎさん。

このうさぎさん、神戸のイギリス館にもたくさんいらっしゃいました。

フクロウもいました。

懐中時計さげてシルクハット被ってるとか紳士かよおお

ちなみに机からの眺めはこんな感じ。

まずこの景色がほしい!立地が!!この敷地が!!!

水色の壁に映えるアレンジもありました。

針葉樹の葉っぱ使ってるの、意外と珍しいですよね!!

この館にも書斎がありますよ!

アンティークなタイプライター、本、ブックエンド(地球儀型!)仕事がはかどりそうーっ

お部屋が変わって、アレンジも変わりました。

でもなぜかイメージが同じなのが素敵!そしてころんとりんごがひとつ。

ベーリックホールは、バスルームがたくさんあります。

さっきの子供部屋にもあるんですよ!贅沢ぅ

バスルームの中にもカーテンがあるとか、植物があるとか、木の蓋のトイレとか、素敵すぎぃ!!

はい、こちらが私のお部屋です。(しつこい)

でもこのお部屋ほんっと大好きで!!!

見てこの、もう、落ち着けそうとかそんな言葉じゃ足りないくらい、ねぇ、もう私が寝転がってるのが見えるようじゃないですか??(気のせいです)

ここにも小さなアレンジがありました。

あれ、私フラワーアレンジメントも性癖なのかな??

華やかで季節感あって目につきますよね!

ドレッサー下の椅子も素敵でした。

この植物×ストライプっぽい柄も大好きです。今座ってる椅子もそんな感じです。

なんていうんですかこの柄??柄に詳しい方ぜひ教えてください。

サンルームにも寝室とお揃いのクッションがあります。

柔らかい光が気持ちいいー!

お客様用のお部屋はこちらです。

窓の形が独特でかわいいですよね!色の濃い壁紙なのに爽やかなのはなんでだろーうっ

1階に戻ってきました。間取り図が必要だなこりゃ!

でも館の説明は別記事でって決めたので、今回はあくまでも目のご馳走だけ♥

ミュージックサロンなどが開かれているお部屋には大きなアレンジがありました。

貝殻が使われてるー!なんで?何のイメージだろう?!夏だから??

小さなリンゴ、姫リンゴかな??

つがいの子鳥さんが楽しそうにデートしています♥

見るところたっぷりな素敵な館ですっっ

異人館巡りは全部まわれなくても、ベーリックホールは絶対行くべきです!

えの木てい

見学し疲れたので、えの木ていでお茶♥

異人館がカフェになっているんですー。

つたない写真でも素敵な雰囲気なのが伝わるかと!!

こんな素敵なアンティークに囲まれてお茶できるとか贅沢すぎませんか?!

はい性癖写真ー!今はやりのベリーピンクですかねこれ。

みんなで頼んだスイーツたちもかっわいすぎたので撮らせてもらいました♥

これはたしかクランベリーのチーズケーキ・・だったかな?

こちらはメニュー忘れてもわかる、モンブラン!笑

おいしそうに積みあがってるーっ

クリームブリュレは大きなアイスが載っていました!

チョコレートケーキ(こんな単純な名前じゃなかったかも)も大人っぽくて素敵ー!

ちょっと休憩のつもりが、たっぷりスイーツと空間を楽しんじゃいました♥

山手234番館

234番館は赤ずきんちゃんのコーディネート!

外国の絵本が飾ってありました。

外国でもそのまま「あかずきんちゃん」の意味なんですね・・!

ブックエンドがお家のミニチュアなのかわいすぎる♥♥

こちらも植物がたくさん使われていて見ていて楽しかったです!!温室みたいっ

おおかみさんもいらっしゃいました。

ぬいぐるみが使われたコーディネートもよく開催されています。

横浜市イギリス館

長らく改装していたイギリス館、今はお庭も館もとびきり素敵に輝いてます!(今といっても7月のことですが)

寝室がモダンで、ホテルみたい!

このデザインも当時のままなのかなぁ、どの時代でも素敵なデザインってすごいですよね。

イギリス館ではピーターラビットのコーディネートでした。

英国らしくて最高!湖水地方にトリップです。

ちょっと目線変えた写真も載せさせてくださいいいいい

お花クローズアップしてる視点大好きなんですっ

ピーターラビットのぬいぐるみや挿絵の再現がたくさんありました!

松ぼっくり?木の皮かな??で作られたリースがお国柄を感じて楽しいーっ

この小さなぽんぽんもあちらの植物なのかしら??

全然なにもわからないけど、雰囲気だけ感じて目の保養してきました♥

にんじんやきゃべつはもともとなんのアイテムなんだろう・・!

先生がいーっぱい考えて準備して、ピーターラビットへの愛を詰め込んだのが伝わってきますよねーっ

それでは2階に行ってみましょーうっ

この大きな窓素敵すぎて、一緒に行った女の子が天使に見えました。

もともとかわいい子なんですけど、もう完全に湖水地方に舞い降りた天使でした。好き。

2階のダイニングにはテーブルコーディネートがありました。わーい!

明るい色合いなのにどっしりとしていて素敵ですねっ

f:id:dufcafeooakioo:20171022020845j:plain

この前の英国展で、湖水地方のテーブルコーディネートにはバーレイが似合うって学んだのですが、こちらはどこの食器なんでしょうねー♥

ナプキンホルダーがスプーン?なのもたまらんっ

ペイントされたたまごを出すのもイギリス的なのかしら。

それともただの飾りなのかしら。詳しい方に話聞いてみたいわー!!!

キャビネットの上にも食器やお花がふんだんに盛られていました。

水色と紫の組み合わせが湖水地方に合うのかな?!!行ってみたいなぁ

カーテンとタッセル。はい、性癖です。

イギリス館の照明は重厚なものが多いです。

クラシカルなデザインのシャンデリアはいつ見てもほれぼれしちゃいます。

いろんな飾りをたーくさん撮ったので全部載せちゃいますよ!

まだお付き合いください♥

でも学はないのでなんの説明もできません♥♥

こちらは大好きなティーセット。

やっぱりテンションあがるっっ

ちょっと引いてみるとこんな感じ。

実はピーターラビットってちゃんと読んだことないんですけど、こんな感じの世界観なんですかね??

我ながら何も知らなすぎますが知らなくてもたっぷり楽しめました!!!(突然の言い訳)

証明写真でイギリス館はおしまい。

天井にうつる光の線まで計算されてるんですかねぇー素敵だなぁー。

山手111番館

111番館も大好きな館です!小さいんですけど、かわいいんですよぉー♥

こちらは浦島太郎のコーディネートでした。玉手箱が!あ、あけたい・・!

マントルピースの上にはツボが。

あれ、なんか浦島太郎のイメージだけど、あのツボって実際なんでしたっけ??

見上げると波が押し寄せていました。

この渡り廊下がかわいいんですよねー!

クーラーにはたいやひらめ!くらげも漂っていましたよ。

この日、とーっても暑かったんですけど、クーラーががんがんに効いてるこのスポット最高でした。しばらく動けなかった・・。笑

浦島太郎の絵本も飾られていました。

亀やくらげ・・ジンベイザメ?!笑

窓からの景色はこんな感じ。

下の階はえの木ていの支店になっています。こちらも素敵なお店ですよー!

ダイニングのテーブルコーディネートはすごく立派!

どこぞの旅館みたいにお膳が立っていますね!

娘のお食い初めを思い出しちゃう・・・。笑

浦島太郎は、乙姫様からこんなおもてなしをされたんですかねぇーっ

焼き魚・・これサンプル品とかで買ったのかしら・・。

いけない、こういう邪推をしてしまう穢れた心。

お寿司もありました。なんか楽しくなってきちゃった。

食器でのコーディネートだけでなく、食材が並んでいるのも新鮮で面白いですね。

もちろんフラワーアレンジメントもありましたよ。

あーこういうコーディネートする先生ってどれだけのセンスとどれだけの技術とどれだけの知識を持ち合わせてらっしゃるのかしら・・!

あとがき

大満喫した夏の異人館でした。

一緒に行ってくれたお友達にも大感謝ー!!おしゃべりしながら回るのとっても楽しかった。

みんな写真がとっても上手(ほんとびっくりするくらい上手で有名な方たち)なので、私が普段気づけなかった構図や撮り方で、後ろから見てるだけでも楽しかった♥

今はハロウィンのコーディネートかな?

季節ごとに顔を変える横浜山手異人館、とーってもおすすめです!

近いうちに館ごとの説明記事やおすすめルートMAPなど書きますね。(近いうちに。きっと近いうちに・・)

www.hama-midorinokyokai.or.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました